水道設備工事会社に蛇口 交換をお願いする

水道の水漏れが起こった場合は、耐久年数を超えている場合がほとんどです。劣化した部品を交換することで漏水を修理することは出来ますが、蛇口も全体的に劣化しています。金属や今回の漏水の原因ではなかった部分も、いずれ漏水の原因になる可能性があるのです。耐久年数を超えている場合は、蛇口ごと交換してしまうことも一つの解決方法です。

■水道の蛇口 交換の工事は自分でもできる

近年ではDIYが流行っているので、自分で好みの蛇口をホームセンターなどで購入して交換工事を行う人もいます。自分の好みの蛇口を見つけてそれに交換すると、愛着もわきますし納得も行きます。購入するときには蛇口にはタイプがあり、同じタイプのものでなければ設備交換することは出来ないので、今付いている蛇口がどのようなタイプなのか確認します。
シングルレバー混合水栓の場合は取り付けられている穴は1カ所、ハンドル混合水栓の場合は2カ所になります。取り付け穴自体はどのメーカーも同じ大きさなので、今付いているメーカーと違うものでも交換することが出来ます。
ワンホールタイプは蛇口本体がナットで固定されているのでこれを外します。ナットを外せばあとは蛇口をゆっくりと外すのですが、レンチなどを使わなくても外せることもあります。ツーホールタイプは水栓が取り付けられている部分の裏側にナットがあります。これをレンチなどで緩めて外すと、蛇口を外すことが出来るので交換します。修理よりも簡単にできる場合もありますが、必ず工事の前には止水栓を閉めておくことが重要です。また、ホースに水が残っている場合もあるので、必ずバケツやぞうきんなどを用意しておきます。

■自分で出来ないと思ったらプロにお任せ

自分で蛇口の交換工事を行うことは無理だと感じたら、水道設備工事会社に依頼しましょう。自分で対応することにした場合でも、もしもの場合にすぐによべる業者を選んでおく必要があります。業者を選ぶときは、まず自宅から近い方が良いです。遠いところからきてもらうと、規定以上の出張費を請求される可能性もあります。
いくつかの業者に連絡をして、相見積もりをとると比較検討することができます。行ってみないと分からないなどと金額を言うことを拒んだりする業者は、あとから高額な請求をされることがあるので気をつけた方がいいです。

■まとめ
蛇口 交換を行う場合、現在使用しているタイプのものと同一の形状でなければ工事が複雑なものになります。例えば、現在のハンドル混合水栓から、シングルレバー混合水栓へ変更したい場合は必ず水道工事業者にお願いしてください。取付穴の数が変わるため、自分で変更するには難しい工事となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ