水道工事を行うには資格が必要です

お風呂に入ろうとして突然お湯が出なくなったりすると困ってしまいます。給湯器が故障してしまったのかどうか不安になります。給湯器には寿命があり、長く使うと故障したり危険な事故が起こる可能性もあります。もし故障なら、お湯が出なくなる前に何らかの現象が見られることが多いので注意が必要です。しかし、必ずしも給湯器の故障ではく、水道の故障によって出なくなっている場合もあります。

■給湯器に異常が起こった時の現象

給湯器が故障し始めたときは、お湯の量が安定しないという事が起こります。そのほかお湯の温度が上がらない、または下がらないなどの温度に関するトラブルがあります。そして、臭いがするというケースもありますが、このような場合はすぐに給湯器 修理を依頼することをおすすめします。給湯器が故障した場合修理をするのか交換するのかで迷うかと思いますが、耐久年数で判断するのも方法の一つです。経年による劣化が進むと熱効率も悪くなり、危険を伴うので、長く使っているのなら交換が良いでしょう。

■給湯器 修理を水道工事業者に依頼する

給湯器の修理や交換をお願いするのはガス会社でないとダメだと思っていませんか。もちろんガス会社でもできますが、水道工事業者にお願いすることもできます。お湯が出ないなどの現象のケースでは、必ずしも給湯器が故障したことが原因とは限りません。水道が故障している場合もあるのです。もしガス会社に依頼した場合、もう一度水道工事業者に依頼し直さなければならなくなります。
しかし、給湯器に関する修理や交換の場合は、どこの水道業者でも良いわけではなく資格が必要です。まずはガス機器設置スペシャリストの登録店かどうかを確認します。更に、給湯器 修理に必要な国家資格を含む資格を持っているスタッフが在籍するかも確認します。登録店であれば大抵資格を持っているスタッフはいるはずですが、ガスは一歩間違えば大きな事故になりかねないので、念のために問い合わせてみた方が安心です。

■まとめ
給湯器はガスを使用しているため危険を伴うことがあるので、日頃からのメンテナンスが必要です。そのときに水道工事業者にお願いするのであれば、ガス機器設置スペシャリストの登録店でなければなりません。くれぐれも自分でメンテナンスを行うことはやめてください。定期的に適切なメンテナンスをしていたとしても、何か異常を感じたときには速やかに修理を依頼するか給湯器を交換してしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ